忍者ブログ
センター国語 解答 小説 詩 日記
[573]  [572]  [571]  [569]  [567]  [566]  [565]  [563]  [562]  [560]  [559


乗り込んだ地下鉄が、混んできた。
押し寿司の米粒のごとく、ドアの側からぎゅうぎゅう押され、体の位置を変えようと少し振り向いた。
私の前には私より背の低い20代くらいの女性が立っていて、私の横には上司なのかちょっとよさげなコートを羽織った50前後の男性が立っていて、男性が話して女性が聞く感じで、ややかしこまって話をしていた。
その駅から乗り込む人は多く、さらにぎゅうぎゅうと押されて、私はカバンの位置を変えようと目線を落とした。押されて一歩引く女性は別によろめいてはいなかったのだが、男性の手が支えるように背中に回った。
ん?と思ったが、女性は気にする風もなくにこやかに話を続けている。
そういう関係か?とも思ったが、二人の口調にはそういう馴れ馴れしさはなく、たまたま帰り道が一緒になった上司と部下という感じである。
電車が揺れて男性は私よりも奥に流され、女性が私の隣に立った。
女性の腰の当たりにはまだ男性の手があり、そしてそれとは関係ない風に二人の適度によそよそしい会話は続いている。

さて。
どうなんだろう?
①全然気が付いていない
②気が付いているけど気にしてない
③気が付いて気にしているけど、上司のプライドを気付けてはまずいので我慢している。
④すっごい嫌だけど、上司を怒らせると自分の身分が危ういので言えない。

私はどうするべきだったのか。
手を見つめて「見てますよ」な態度はしたものの、どうもできずに私は次の駅で降りた。
以下は言い訳。

もしも私が男性に注意をしたり、手を払ったりしたならば
男性は女性の前で恥をかかされたと思って私に怒るだけでなく、居合わせた女性の前で恥をかいたせいで、逆に女性にもつらく当たるかもしれない。
男性の態度から私はそう思ってしまった。

もしもあれが知り合いでない風ならば、女性に何か話しかけてみたかもしれない。
そうしたら、男性は手を引っ込めただろうか。

ここまで読んだ人の半分くらいは、「背中や腰に手を回すくらい、いいではないか?減るもんじゃなし。気遣っているんでしょ?」って思っています?そうかもしれないな。

ならば、男性の手を邪魔したら、私は確実に悪者か変人ということになる。
私は嫌だけど。たとえ知っている人でも。

そうやって私は見過ごし、女性は見過ごす自分を容認し、男性はボディタッチを正当化していく。
「女性は助けを求めていなかった」と私は思いたくなり、女性は「助けなんか求めるほどのことでない」と思いたくなり、男性は「悪いことなんかしていない」と全然それぞれ逃げる姿勢を決め込む。

女性はどう思っていたのだろう。
明日同じものを見ても、私はきっと何もできないんだろうと思う。










PR
風俗系とか出会い系とかショップ系のコメントはお断り。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そういうとき。。。
その女性にお露命手みても何かわかるかもね・・・その時の反応で、って。
難しけど。
すの^-^まん 2018/03/07(Wed)23:39:08 編集
無題
すの^-^まん さんこんばんは。次の日同僚にこの話をしてみたんだけど、「そういう人いるよねえ。エスコートのつもりなんだろうけど」と、そんなに嫌そうでもなく。ふーん。嫌だって思わない人もいるんだなーって意外でした。
きの 2018/03/12(Mon)00:54:05 編集
サイト内検索(イマイチ)..........
カスタム検索
 
おすすめ.......................
プロフィール.........................
HN:
きの。
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
■モノカキ志望だけどハジカキの方が多そうなこの人生の「言い訳」や「いいわけ?」。

■隠し事下さい。ちゃう。書く仕事下さい。

■リンクは勝手にバンバンしてください。気がついたら黙ってこちらからお伺いします。
 URL:http://jura.blog.shinobi.jp/
 サイト名:KINO.blog
でお願いします。

■「KINO.blog」と同一または類似の名称のサイトは山ほどあるみたいですが、ここからリンクしていないサイトはどちらさまも私とは無縁です。
最新CM.........................
(08/13)
(06/13)
(06/11)


アーカイブ.........................
携帯からもどうぞ
■Kino.BLOG
またのお越しをお待ちしております


忍者ブログ [PR]