忍者ブログ
センター国語 解答 小説 詩 日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
花弁が4枚のゴーヤ見つけた。
1枚取れたのかと疑ったが、
裏を見るとがくも4枚だった。
ラッキー?


ところで我が家のゴーヤの収穫状況だが、
まだ2個目を育てているところ。
なかなか大きくならない。
茂りすぎて栄養不足かなー。それとも
バルコニーだから日照不足なんだろうか。
グリーンカーテンとしては成功しているけどね。
もともと夏は直射日光が入らない窓なんだけど、
照り返しもなく夜の目隠しにもなって、Good。

PR
ぶぃぃぃぃぃぃいいいいいん。
「掃除機使う?」
「使わない」
「吸い出した跡が異空間になる掃除機だけど」
「いらんし!」
ガラガラガラガラ・・・(去)
札幌の地下で買った御当地スナック。
パリパリ美味しかった!



札幌に住むトーマスが、病気なのに通院を放棄している疑惑が発生し
今週急きょ行かねばということになってしまった。
しかも本人はこっちの呼びかけに応答せず…。
飛行機は行きだけとった。
泊るところはとってない。
いつ捕まえられるか、病院に一緒に行けるか、さっぱり見当がつかない。

でもいかなきゃならない。
家族をほっておくわけにはいかないから。


心配と不安と飛行機の怖さで、涙が出そうだ。
「明日起きたら、」
「?」
「明日起きたら、洗濯機回すから、洗ってほしいものがあったら入れておいてね」
「私の心」
「それなら私も洗ってほしい」
「定員一人」
「えー、先を越されたか」
「(にやり)」
「じゃあ、足ふきマットと一緒に洗うわ」
「(・・・・)」
TVを見ていたら、ビニ傘について話していた。
使い捨ての傘が多いこと。(知ってる)
傘は金属と樹脂が混ざっていて、処理が難しい廃棄物であること。(なるほど)
今まであてにしていた中国が樹脂ゴミの受け入れをやめたので、
ビニ傘のゴミ処理が一層悩ましい。
(えー。そんなチートな処理してたのか。もともとまずいじゃん)
どこかでレンタル傘というのを始めたとか。
1回70円で他の場所で返却できる。
70円だと返さない人とかも出てくるんじゃないのかな。
意識高い人が借りるとは限らないし。

さて。
安価なビニ傘って、長持ちすることを重要視していないから、
すぐに錆びるしすぐに折れる。
買うほうも「すぐなくしちゃう」「いらなくなったら出先で捨てる」
っていう意識の人が多いから、すぐ使い物にならなくなっても誰も怒らない。

すぐ捨てちゃうっていうことと、
すぐつぶれちゃうってことに問題があるのだけど
まずは、捨てられてからゴミの処理が難しくない方法を考えてみる。

ビニ傘じゃなくて、紙傘にできない?
和傘は紙でできているわけで。
高くつく?
ああ…そういうことなのか。
何とかならないものでしょうかね。
本物の和傘ほどしっかりした渋紙でなくてよいと思うんですけど。

他の方法。
簡単に捨てない。

これは・・・
一回服を買うと何年も着続ける人(はい。わたし。)が少なくなっているので、
傘についても社会に浸透させるのは難しいでしょね。
それと、
長く使いたい主義の私でも悩みの種は「汚れ」。
骨はピカピカなのにどす黒い筋が付き、洗剤で洗っても全くきれいにならない傘、
捨てられずに何本かあります。
好きな布に交換で切ればいいのにって思うんだけど、
布がね、その辺で買えない。
最初から交換できる仕様になっていればいいんですがね。
「替え」を販売しているとか。
あ。あった。替えも売ってる傘屋さん。
大手の傘屋さんも、こんなの売ってほしいなあ。
傘張り替える店とかね。あればいいのに。






最新記事
(09/10)
(09/01)
(09/01)
(09/01)
(08/03)
(07/28)
(07/28)
サイト内検索(イマイチ)..........
カスタム検索
 
プロフィール.........................
HN:
きの。
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
■モノカキ志望だけどハジカキの方が多そうなこの人生の「言い訳」や「いいわけ?」。

■隠し事下さい。ちゃう。書く仕事下さい。

■リンクは勝手にバンバンしてください。気がついたら黙ってこちらからお伺いします。
 URL:http://jura.blog.shinobi.jp/
 サイト名:KINO.blog
でお願いします。

■「KINO.blog」と同一または類似の名称のサイトは山ほどあるみたいですが、ここからリンクしていないサイトはどちらさまも私とは無縁です。
おすすめ.......................
最新CM.........................
(10/09)
(10/09)
(10/04)


アーカイブ.........................
携帯からもどうぞ
■Kino.BLOG
またのお越しをお待ちしております


忍者ブログ [PR]