忍者ブログ
センター国語 解答 小説 詩 日記
[501]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489
はい。
今日のお題は洗濯機でございます。

「腰が悪くなってお風呂に入るのがつらいから洗濯機で洗ってほしい」
という話ではありませんので期待しないで。
お風呂に入るのは幸い全く大丈夫で、むしろお医者様からは入れるなら入って温まりなさいと。
長風呂できてうれしい。

いや、まあ正直に言うと、洗濯機には入りたくないけれど、浴槽に浸かっているだけで浄化されたら嬉しいですよね。具体的に言えば、シュワシュワの炭酸の泡につつまれて、なんかスーパーボールみたいのがトントコトントコぶつかってマッサージされるみたいなのってどうなんでしょうね。そしてかつ、お肌がすべっと綺麗になる。ね。気持ちよさそうでしょ。

まあこういう風にね、洗濯機をどう使いたいとか、どんなだったらいいのにとか考えるらしいミーティングに出席することになりまして。前もって考えているところなんですが、なぜかお風呂に話がずれて行ってしまうという困った事態です。

あれじゃないかなあ・・・・
大昔、大阪で「万国博覧会」が開催され、某電機会社のパビリオンで「人間洗濯機」が展示されたそうです。近未来、ゴシゴシしなくても体を洗えるようになりますと、そこで言ったかどうだか知りませんが、子供のころにその写真を見た時のインパクトが今も心の隅に残っているんでしょうかねー。

で、話を戻したいけど気になることがあって戻れない。
仮にです。人間をきれいに洗うそういう機械ができたとしたら、それは洗濯機なのかお風呂なのかどっちに属するんでしょうね。「全自動洗体機」なのか「全自動入浴機」それとも「全自動浴槽」? んーなんだかリラックスできない名前。

さて。
戻ります。くだらないことを書いてすっきりしたから。
洗濯機の将来に何を望めばよいのだろう。
どんなものを洗いたい?
ホワイトボード消しなら洗ったことあるけど。家の洗濯機じゃないけどね。
以前勤めてた学校で、同僚が「うちで新しい全自動のを買うことになって、2槽式のが要らなくなりました」とか言って、職場に持ってきたんですよね。それで、雑巾とかホワイトボード消しとか洗ってたんですが、無謀でしたね。結局ゴシゴシすり合したほうがきれいになっていたし。

あ。そういえば、トーマスがラグビー部だった時、部室に洗濯機を贈りたいって、めっちゃ思っていました。だって家に持って帰ってくる練習着、泥まみれで、まるで芋ほりで引っこ抜いてきたスーパーの袋の中のサツマイモみたいで、いつ洗濯機が壊れても不思議じゃないほどひどい汚れ方でした。実際メンバーのうちの少なくとも2人はほんとに洗濯機を壊し、もう一人はお風呂場の排水溝が詰まって大変なことになったとか。だからね、「下洗いして持って帰ればよいのに」って思っていたのです。とはいえ水道で手で洗っても絞るの大変だし、部室にはたぶんコンセントとかないだろうし、あったとしても水道は絶対なさそうで、水道のそばにもコンセントはなさそう。じゃあ全手動がいいんじゃ??脱水は昔の洗濯機みたいにローラー式で、洗濯槽のパルセーターを手回しでグルグルグル・・・・
って、それじゃあ洗濯機の退化だ!こんな提案、ミーティングで出せない!

どんなものを洗いたいか、どんな洗濯機が欲しいか。
明日通勤の電車でゆっくり考えよっと。






PR
風俗系とか出会い系とかショップ系のコメントはお断り。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サイト内検索(イマイチ)..........
カスタム検索
 
おすすめ.......................
プロフィール.........................
HN:
きの。
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
■モノカキ志望だけどハジカキの方が多そうなこの人生の「言い訳」や「いいわけ?」。

■隠し事下さい。ちゃう。書く仕事下さい。

■リンクは勝手にバンバンしてください。気がついたら黙ってこちらからお伺いします。
 URL:http://jura.blog.shinobi.jp/
 サイト名:KINO.blog
でお願いします。

■「KINO.blog」と同一または類似の名称のサイトは山ほどあるみたいですが、ここからリンクしていないサイトはどちらさまも私とは無縁です。
最新CM.........................
(10/01)
(10/01)
(09/30)


アーカイブ.........................
携帯からもどうぞ
■Kino.BLOG
またのお越しをお待ちしております


忍者ブログ [PR]