忍者ブログ
センター国語 解答 小説 詩 日記
[35]  [34]  [32]  [33]  [31]  [27]  [15]  [14]  [13]  [8]  [6
昨日の「今日最高裁判決」によるにぢざんが被害者の夫(この人も被害者だね)の発言をコメントしてくれたのでそれの続きを。


この本村氏は、事件当時はまだ学生やっててもいいような年だったでしょ。そんな、普通なら楽しくて仕方ない年齢で、奥さんも子どももいて幸せの絶頂期にどん底に突き落とされてるわけです。何でこの人はこんな苦悩を背負わされているのか、本当にかわいそう。
この人が訴える、「裁くものに対する不満」というものは、本当にどれもそのとおりと思えることばかりです。加害者への怒りの感情は、誰だって持つものだけど、きちんと裁いてほしいとはっきり言う人は少ない。言う人がいても「浮かばれない」とかの基準で重い量刑を要求する発言が多い。

本村氏の言う「きちんと裁け」は、大変筋の通った冷静な意見である。
特に、数字に基づいた少年の犯罪率と更生率の説明には説得力があり、この数字は弁護士たちに特大フォントで突きつけてやるべきだ。
以前私もこのブログに書いたが、「更生の可能性がある」といって減刑を要求した弁護士は、本当に加害者の更生を保証できるのか?
「出所してきたら自分がそいつの家族になっても平気だよ」といえるくらい、その犯罪者を信頼できるのか?
それができないなら減刑なんて要求するな。
裁判は当事者同士で争わずに、損得勘定のない他者が客観的に見て、社会的な通念も踏まえて、誰が加害者でどれくらいの罪なのかを判断するシステムである。
しかしその「客観的」が、あまりに「無責任」ではないか?
弁護士の役割というものについても疑問を感じる。量刑が減れば仕事が成功してそれで終わりというのはおかしくないか。
弁護士というものはそもそも、訴えられた加害者が不当に大きな刑を負わされないようにあるだけで、ほんとうに悪いことをした奴の刑まで減らす必要はないのでは?
そのへんは、上のリンクの中で本村氏がもっときちんと話していらっしゃるので、裁判や司法に対する疑問はこのくらいにして
もうひとつ、事件のたびに思うことを。

性犯罪について、社会は甘すぎないか?
先日は犬の飼い主の皆様を敵に回しましたが、今日は人口の約半分を占める男性を敵に回すことになりそうです。(ぅわ
あ、言っておきますが、わたしは「女は偉い」とはぜんぜん思っていません。身体能力も、頭も、個人差を除けば基本的に(生物学的に?)女性は男性にかなわないと思っています。
きのうの夜のどこかのニュースで、この光市の事件の加害者の関係者だか近所の人だかのインタビューを流してたんですが(PCに向かってるときに背後から聞こえてきてたのでうろ覚えです)、その中に、被害者の女性について「なんともいえない、男から見たらほっておけないいい女」というような発言がありました。それも、発言者の画面に映っていない顔は、きっとニヤニヤ笑っている、そうとしか思えない声色で。
好色な男からみれば、これは女性に対する極上の誉め言葉なのでしょうが、彼女は性を売る商売の人ではなく、夫と子どもを愛し、愛されて幸せに暮らしていた人です。そういう人に対して、なんという冒涜の言葉でしょうか。聞きようによっては「強姦せずにいられない・強姦されても当たり前のいい女」というニュアンスを強く含んだ言葉です。意に沿わず殺され辱められた死者をさらに侮辱する発言だと、とても腹が立ちました。
この発言をそのまま放送したTV局は、なんと鈍感なのでしょう。
人の妻に対する「そそる女」という評価は、少なくともこの被害者と家族には誉め言葉とは受け取れない。
被害者は写真で見る限り、若く、かわいらしく、色白で、とてもステキな人です。だけど好色な男の餌食になりたいとは望んでいなかったでしょう。いやらしい目で見られることさえきっと嫌だったと思います。
発言自体はその発言者の品位の低さ・教養のなさによるものと片付けることができても、それを流したTV局はそれでは済まない。
「女性が言われて嫌な言葉」つまり「セクシャルハラスメント」に当る発言を、そのまま放送するのは、たとえその局のアナウンサーが言ったのでなくても、セクハラ行為に値すると私は思います。
「ワタシタチはそんな失礼なことは思わないんだけど、このインタビュー受けてる人が言ってたんだもん」という逃げは、「ノビタがジャイアンのこと、バカって言ってたよー」と吹聴するスネオと同じくらい卑怯で汚い。
そもそもこんな発言を無神経に流せるのは、「男は性欲を抑えられない」と平気で悪びれもせず言い切る男性の勝手があると思うのです。
従軍慰安婦の存在にしても、女性から見たら「国が用意している」こと自体がおかしすぎる。
「男はやるのが当たり前」(下品な言い方ですみません。)という変な社会観念が、この国の根底にあって、男性の性欲については「がまんしなさい!」という叱り言葉がなぜか出てこない。だから部下に抱きついて訴えられた上司のニュースが後を絶たないし、ハメ撮り動画の類もネット裏に氾濫してるし、風俗スパムもサイトの運営に支障が出るくらい増えている。
やってるほうも、監視しなければならない立場の人間も「男は我慢できないもんなー」と笑って済ませようとしているのが見え見えである。
なんなのそれ。誰もブレーキかけようとしてないんじゃん。
アタマに来たからこれで終わり。プンプン。






PR
風俗系とか出会い系とかショップ系のコメントはお断り。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サイト内検索(イマイチ)..........
カスタム検索
 
おすすめ.......................
プロフィール.........................
HN:
きの。
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
■モノカキ志望だけどハジカキの方が多そうなこの人生の「言い訳」や「いいわけ?」。

■隠し事下さい。ちゃう。書く仕事下さい。

■リンクは勝手にバンバンしてください。気がついたら黙ってこちらからお伺いします。
 URL:http://jura.blog.shinobi.jp/
 サイト名:KINO.blog
でお願いします。

■「KINO.blog」と同一または類似の名称のサイトは山ほどあるみたいですが、ここからリンクしていないサイトはどちらさまも私とは無縁です。
最新CM.........................
(10/22)
(10/18)
(10/01)


アーカイブ.........................
携帯からもどうぞ
■Kino.BLOG
またのお越しをお待ちしております


忍者ブログ [PR]