忍者ブログ
センター国語 解答 小説 詩 日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
先週読んだ本
『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき
『ソラリスの陽のもとに』スタニスワフ・レム, 飯田 規和
今読んでる本たち
『文字渦』円城塔
『ずっとお城で暮らしてる』シャーリィ ジャクスン、市田泉

先日久しぶりに友達に会い、凡豆のコーヒーをもらっちゃった。
淹れてみたら、やっぱりおいしい!
おじさん、ナイスな焙煎ありがとう。

ちゃんと部屋のソファに座って、コーヒー飲みながら本を読む

理想ではあるけど、電車の中でしか読めない。
次の休みこそ、せめて1時間だけでも。

PR


元々エレカシ大好きなんだけど、
宮本浩二のボーカルがホント好きなんだけど、
この曲聴いて、マジすごい歌唱力って改めて身悶え。

うおぉぉぉ~ん!
今読んでる本『人間の値打ち』鎌田 實 集英社新書
先週読んでいた本『ことり』小川洋子 朝日新聞出版

最近美味しかったもの ごましょうゆエピ

きょうは洗濯大会だった。
あちこちで地震が起きてて怖いねって言ってたら、
うちもグラグラ来て慌てて食器棚を押さえた。

寝なきゃ。寒いなあ。今夜から布団着るかな。


子供のころからTVでアニメを見るのが好きで。
でも、ビデオ買うとかDVD買うとか、有料放送を受信するとか、
そっちのほうは全くその気がなく、
まあ、ほどほど受動的に視聴するタイプ。
最近も深夜の時間帯のアニメを録画して、休みの日に楽しんだりしていたわけなんだけど、

どーも近頃残念が多くて。

いろんな漫画やラノベをアニメ化してくれるのはとても嬉しいのだけど、
昔のアニメと違って1シーズン、10話くらいで終わってしまう。
原作が続いていても終わってしまう。

直近まで見ていたアニメなんて、さあここからと思ったら、
次のシーズンは有料配信になるそうな。

見ないな。もう。

いや、正しい観方としては、お金払ってでも見届けるべきなんだが、
どうせお金払ったところで、最終話までアニメ化され続けて放送されるとは思えない。
最後までストーリーを追えないことは多々あるのだ。

だからいつも、途中で終わり。
雰囲気楽しんで終わりみたいな。
それがアニメの観方みたいな。

それはとっても空しいと私は思うんだけど、
ストーリーが途中で途切れる、そんなことが普通に思えるようになった子どもたちって、
いるんじゃないのかなあ。

この話、どんな風に終わるんだろう?
この登場人物は、どのように成長するんだろう?
この町は救われるのか?どんな街に発展していくのか?
そういうことを見届けたいと思わない事って、
なんか寂しくないかい?

お金払うならもう観ないという私も残念な輩かもしれないが、
スポンサーからお金を取れない時代になったのか、
見たい人だけが買う時代になったのか、
なんだかTVがつまんないと思うんですよ。っと。
「進撃の巨人」の新シリーズがNHKで始まってびっくりした。
人気のアニメだが、私はちょっと苦手。
人が巨人に喰われるところが怖すぎるので・・・。
っていうか、巨人があかん・・・。

NHKで放送しちゃうのかー。

今までずっと民放だったのが、内容そのまま何も変わらずなのにNHKになるなんて。

びっくりしてるよ~~~~!



ま、それだけ。

じたばたしなければ良いのにと思う。
この人の作る曲にはとっても好きな曲がたくさんあるし、メジャーデビュー前からYoutubeでよく楽しませてもらっていた。
だけど、「すごく好き」「いつも聞いている」とか言いながら、ライブにも行ってないしアルバムも買ってないこういう「自称ファン」は、ありがたくない存在なのかな?って、今回の「ファンクラブ騒動?」で、ふと思ったりした。

わたしだけでなく、きっといろいろな立場の人がいろいろ思ったわけです。
・気持ちで「好きなアーチスト」と言ってるだけで、ファンクラブにも入らずお金も出さない。
・お風呂の中でもYOUTUBEとかで繰り返し聞いちゃうし、ブログやFBで「このひといいよ!」ってリンク埋め込んで拡散している「無料ハードユーザー」。でもファンクラブに入らずお金も出さない。
・やっぱYOUBUEのひとだけど、最新情報知りたいしファンクラブに入ってみた。ライブには行きたいけど無料で完成度の高いYOUTUBEが見れているのでやっぱお家で楽しむわ。
・とりあえず流行っているのでファンクラブ入っている。でも持ち歩いてるのは星野源だし、岡崎さんの記事の切り抜きを机の前に貼っていたりもしない。
・アルバム買った。でも最近聞いてないな。
・地元民としてライブに参じるのは当たり前であると考えている。アルバムは初日に買って売り上げランキングを見守る。でもファンクラブは別に入らなくていいんじゃね?
諸々・・・
お金だけ出してる人もいれば、気持ちだけ出してる人、時間使ってる人、さまざま。

今回のファンクラブのなんちゃらなんて、
ファンクラブの中のお遊びなんだから、岡崎さんが好きにすればいいんじゃない?
って思う。外からブーブー聞こえてきたからって、謝ったりへりくだって自虐な言葉を並べたり、おまけを変えたりする必要はないと思う。そうしたって必ずまたブーブーいう人はいる。

ファンクラブに入った人は、自分のファンとしてのステータスを上げたいと思って入ったとか、岡崎さんを目に見える数字で元気づけようとして入ったのかもしれないけど、入るか入らないかは自分で判断しているんだし、例えば期待した特典が得られなくて嫌だと思うんならその人が辞めればいい話。 (ちょっとそれるけど、ファンクラブ作ったり、SNS始めたりするのって、すごく勇気がいることじゃないかと思う。フォロワーや会員の増減に一喜一憂して、心因性の慢性胃腸炎になりそう。)

ランキングとか付けるお遊びは、私から見れば内輪のおふざけであり、関西の人なら結構スルーしてくれるんじゃないかと思うんだけど、ファンの中には怒っちゃう人もいるんですね?びっくりしました。ファンクラブ外の人だったらもっとびっくりだし、そしてそもそも、ファンクラブに入っちゃったくらい熱烈なファンなのに、おまけとかポイントとかいうばかばかしい話を受け入れられないって、岡崎さんのどんなパフォーマンスに見せられてファンになりファンクラブに入ったのか、想像できない。せっかくお金出してライブに来たのに口パクか!ってむっとしたりもするのかなー。

私はファンクラブには入っていない。観たい・聴きたいって思っているけど、お金出してくれないと嬉しくないって岡崎さんが思うんならそれはそれでいいし、そういわれたからその曲が嫌いになるかといえばそうでもないし、もしもタダで聞かせたくないと言ってYOUTUBEの動画を全部削除されちゃっても、「そっかー残念」と思うだけでそれまでであるし、その権利は岡崎さんにはあるとも思う。大物ミュージシャンにもそういう「無料お断り」な人達はたくさんいるけど、誰も責めたりしたいよね。

聴く側として思うんだけど、お金出すかどうかは本人の価値観の問題であって、お金出したからといって岡崎さんが「申し訳ない」とか「こっちの人はお金出してくれてないから」とか言うのは違うと思うんだよね。いわゆる芸術って、1品物の茶碗を売ってるわけでないから「買ってくれてありがとう。買わない人はお客じゃない」というハッキリしたジャッジができない。お金出して買う個人が少なくても、「岡崎好き・面白い」という空気が広がれば、TVとかCMとかの仕事が来るし、世の中に拡散されれば「お金出してもいいか」と思う人が増える。それはもしかしたら、「岡崎知ってる100人のうち10人がアルバム買う」から「岡崎知ってる1000人のうち100人がアルバム買う」という、好感度のUPを伴わない増え方かもしれないけど、それでも売り上げは増えているのだから商売としてはOKで、多くの人に拡散することでライブ動員も増える。
そこに到達して「ライブ来る人やアルバム買う人に申し訳ないからYOUTUBE削除します」とするのも一つのファンサービスかもしれなくて、お金出さない人は冷たいなーってもしかしからSNSで怒るかもしれないね。でも私の場合例えば、YOUTUBEで聞けなくてもミスチル好きだよ?買わないけど(笑)買ってなかった人が文句言ったって、ミスチルは損してないし、お金が無くて買えないのはミスチルのせいでもないし、ミスチルが責任取ったり謝ったりすることじゃないと思っている。

長いな。すみません。
岡崎さん、どうでもいいことだから、いちいち人の顔色みながらあたふたするのやめようよ。
言いたいのはそれだけでした。
では。

https://twitter.com/okazaki_taiiku/status/963760730158678019


サイト内検索(イマイチ)..........
カスタム検索
 
プロフィール.........................
HN:
きの。
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
■モノカキ志望だけどハジカキの方が多そうなこの人生の「言い訳」や「いいわけ?」。

■隠し事下さい。ちゃう。書く仕事下さい。

■リンクは勝手にバンバンしてください。気がついたら黙ってこちらからお伺いします。
 URL:http://jura.blog.shinobi.jp/
 サイト名:KINO.blog
でお願いします。

■「KINO.blog」と同一または類似の名称のサイトは山ほどあるみたいですが、ここからリンクしていないサイトはどちらさまも私とは無縁です。
おすすめ.......................
最新CM.........................
(04/05)
(04/05)
(03/30)


アーカイブ.........................
携帯からもどうぞ
■Kino.BLOG
またのお越しをお待ちしております


忍者ブログ [PR]