忍者ブログ
センター国語 解答 小説 詩 日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
最近ちょっとしたきっかけで、また本を読み始めた。
数年前までは「活字中毒者」を名乗っていたのに、ネトゲに傾いてから本を手にしなくなっていた。
本どころか新聞さえも。

というわけで、本を読みながら道を歩く変人スタイル再開w
漫画であれ、文庫本であれ、ハードカバーの単行本までも私は読みながら歩きます。
そういう人を見かけたら?それ私かもしれません。あまりいないと思うんで。

で、今読んでるのが『プラネタリウムのふたご』(いしいしんじ/講談社文庫)。
いしいしんじは『ぶらんこ乗り』、『トリツカレ男』と来て3冊め。
その2冊では、なんかいいなー、いいなー。。。。くらいだったのですが、
この『プラネタリウムのふたご』には、ホントいいよと人に薦めて回るくらい参ってしまった。
今のところ一人も読んでくれてませんが。
誰も信じてくれない・・・。

どういいのときかれたなら、そうですね、
ひとことでいえば、「そこには宮沢賢治がいる」。
うだうだ説明するならば---
夢と現実、絶望と希望、美しいものと汚いもの、愛と拒絶・・・
そういうあらゆるものが淡々とした文章の中に深く刻み込まれていて、
正直、耐え切れずに折れてしまいそうになる。
それは実のところ、作られた世界じゃなくて、この世の中と同じだと思う。
だれだって、無名でただ毎日平凡に暮らしているだけに見える人々だって、
波風が心の中に立ち、うれしいことや悲しいことがあるでしょ、
それがそのまま奇麗事無しに文字にされて表されてるだけなのに、
コーティングのないむき出しの「普通の人の人生」って、なんて厳しいんだろうと涙が出てしまいそうになる。
ずっと村上春樹が好きだったけど、いや、今でも好きだけど、
この人の作品の方がすごい。。。
すごいって何さって言われそうだけど、なんてのかな・・・説明に困るけど。
とにかく、ショックも暖かさも半端じゃない。かといって文章が過激でない。その魅力。
あー早く続き読みたい。
PR
なんか友人が急に小包を送りつけてきた。
中原淳一の「少女の友」復刻版だった。
ええええええっ
こんな高価なものを!
もちろん新品。
なんかよくわかんないけど、くれるというからもらっておこう。
おばさんみたく遠慮と親切の押し競まんじゅうをするのは好きでないのだ。
催促したことないし、最近では年賀状だけの付き合い。
無償でくれたくなかったら、わざわざ送りつけてこない。

ありがとう。

これ。(ゴメン自分で写真撮るのめんどい
↓あまぞーん。
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%8F%8B%E3%80%8F%E4%B8%AD%E5%8E%9F%E6%B7%B3%E4%B8%80-%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E4%BB%98%E9%8C%B2-%E3%81%8A%E5%AE%9D%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E4%B8%AD%E5%8E%9F-%E8%92%BC%E4%BA%8C/dp/4408107603
入手しました。さすがネトゲ廃人の私w

書いてる人はゲーム業界メインで活動していらっしゃるライターで、ネトゲ廃人に対するインタヴューに基づくレポート形式の内容なんだけど、

ほんとに取材したかどうかってのはどうでもいいくらい、「あー、そう。それ。そのとおり。」でほんとに苦笑とうなづきの連続。晩御飯がサンショ振ったうなぎの連続ならうれしいけど、そうじゃなく。

まだ30%くらいしか読んでないけど、誇張も嘘も無く、この内容は信用していい感じです。
って、廃人じゃないけど廃人がどんなのか知りたい人に品質保証をしておきますw

げーむはともかく、

セカンドライフ。 やめといてよかった。
いまMMOを1タイトルだけずっとやってるんですけど、それ以前にセカンドライフを一人で始めようとしたことがあって、えっと、新聞かなんかに新しいサイトとして紹介されたころで、登録ページも登録済みメールも英語でって時期かな。日本語版が出る寸前。
今のノートじゃなくて、ちょっと前ならハイクオリティーといえた老デスクトップ(先月死亡)つかってたころで、スペックが足らなくて起動できなかった。
ノート買ったときにセカンドライフもはじめようと思ってたんだけど、MMOが忙しくてやらずじまい。
ゲームよっか本気でのめりこんでたかもしれません。リアマネもつぎ込んでビジネスとかにも手を出して。
家庭崩壊なんて簡単で、そしてのめりこんでれば痛くない。怖いですほんとに。

あ、いあ、セカンドライフが悪いって言ってるんじゃないです。
ライフスタイルにあってて、活動を続けてる方も沢山いらっしゃって、企業なんかもたぶん参加してるし、それはそれでいいけど、私の場合はそれが許されないリア事情があるからってことです。誤解の無いよう。

他人の振り見て我が振り直せ。最後まで、心臓が疼いてもがんばって読みます。
会社にきたFAXを見てニヤニヤした。
書籍も扱ってるので、これ売ってね、な出版案内のFAX

『ネトゲ廃人』芦崎治著
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8D%E3%83%88%E3%82%B2%E5%BB%83%E4%BA%BA-%E8%8A%A6%E5%B4%8E%E6%B2%BB/dp/4903722163

書名に添えられたコピーが・・・
わたしが寝ると、みんなが死んじゃう!」だっけか、
マジ吹きそうになった。
そーなんだよ。寝たら、育ててるキャラがさ・・・・
廃人なわたしは反省するどころか、心臓突かれてるのに痛みも感じず
「そだ。早く帰ってINしなきゃ」
っておもった。(爆
かなり読んでみたいw
今日のタイトルについてる「最近の1」ですが、それは書名じゃないですw
通し番号にすると、何番まで出てるか調べなきゃならなくて面倒なので、最近の1。
2も書く予定なのでw

とてもきれいで楽しい本を見つけた。

『任意の点P』 慶應義塾大学佐藤雅彦研究室 中村至男http://book.bijutsu.co.jp/books/2006/04/post_235.html

この写真では余計なものがいっぱい付いてるけど(失礼。
本体は真っ白でとても美しい外観。
そして中身のイラストも、繊細でお洒落
レンズが表紙についてて、それを通してみると3D画像がみれるってやつで、
最初手にしたときは、「ああ、あれね」って思っただけなのに
見れば見るほど
SUGEEEEEEEE!
引き込まれてしまった。
3D画像に興味ない人に特にお勧め。
福山の『化身』げと。
初回限定ロングタオルつきw
歌詞カード取り出したら、
あ。。。。
いい匂い。。。。。。。 (〃ω〃) 
 
 
サイト内検索(イマイチ)..........
カスタム検索
 
プロフィール.........................
HN:
きの。
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
■モノカキ志望だけどハジカキの方が多そうなこの人生の「言い訳」や「いいわけ?」。

■隠し事下さい。ちゃう。書く仕事下さい。

■リンクは勝手にバンバンしてください。気がついたら黙ってこちらからお伺いします。
 URL:http://jura.blog.shinobi.jp/
 サイト名:KINO.blog
でお願いします。

■「KINO.blog」と同一または類似の名称のサイトは山ほどあるみたいですが、ここからリンクしていないサイトはどちらさまも私とは無縁です。
おすすめ.......................
最新CM.........................
(04/05)
(04/05)
(03/30)


アーカイブ.........................
携帯からもどうぞ
■Kino.BLOG
またのお越しをお待ちしております


忍者ブログ [PR]